『小説 平清盛』

おおさわ帰国後、初仕事の見本が届きました。

b0188499_16182699.jpg


『小説 平清盛』 潮出版

来年のNHK大河ドラマの主人公、「生粋の武士」平清盛のテレビドラマでは描かない実像を綴った一冊!



今回のお仕事は、源平合戦でどちらかというと悪役で描かれがちな平氏。
その棟梁、ボスたる清盛なのでカッコいい顔というよりは、比較的コワ目な顔つきで。
策略家で苛烈な剛腕社長的な人物像を想像して描きました。
マツケンは意識してません。

デザインはマルプデザインさんに担当して頂き、
デザインはモチロン、デジタルでペタっとしがちなおおさわのイラストがちゃんと映えるような紙のチョイスで何倍増しにも良い感じに見えるように仕上げて頂きました。


これから年末にかけて沢山出るであろう「平清盛」本の中の一冊ですが、
他には負けないインパクトのある表紙になった!!! と本人は思っております!


「大河本 公式以外は 死屍累々」


という業界の常識(?)を覆す一冊とならん事を!

11/5書店に並びますよ!!!

ますよ!!!!!

よっ!!!!!!!!!!!
[PR]
by carl-louis | 2011-10-29 16:20 | おしごと | Comments(2)
Commented by nekonezumiiro at 2017-01-11 02:23
初めまして。キーワード検索経由でお邪魔しました。
 こちらの『小説平清盛』ジャケット画の武者姿、引立烏帽子の下は長いストレートな大童(おおわらわ)の髪で自ずと目を引きます。鉢巻をしていない点も1972年大河『新・平家物語』の仲代達矢さんに似ていますね。
Commented by carl-louis at 2017-05-14 00:47
> nekonezumiiroさん
有難うございます!
正直そこまで深い時代考証を意識して描いていなかったのですが、お褒め頂けてとても嬉しく思います!
仲代達也さんの平清盛もチェックしてみます!!