9年目

b0188499_2330563.jpg
気づけば7月1日でフリーランス丸8年。
9年目突入です。

その9年目にして一発目の形になるお仕事。


7/13発売の【浪人左門あやかし指南】シリーズの最終巻

「狐憑きの娘」の見本が届いた。
本の表紙の絵を描く仕事を頂き始めたころとほぼ同時に始まったこのシリーズのお仕事もこれで最後。


単行本2冊、文庫本4冊、描きあがった瞬間は最高の出来!という気持ちで出すんだけど、いざ製品が上がってくると

「ホントにこれでよかったのか?」

という気持ちで凹み、次の作品の発注が来ると、前回以上のものを!という意気込みで臨み、それを繰り返して一回一回を作品とともに成長できたのではないかと思います。


でもやはり今回も「ホントにこれでイイのか」と見本を見た瞬間に思うのです。
(決して自分の仕事に自信がないとか、いい加減に描いたというわけではない)

この仕事、自分に満足したら終わっちゃうけど、もうちょっと「良くできた!」という気持ちになれるようがむばろう。
がむばろう9年目。

来年は10年目だよ。わあああ。
[PR]
by carl-louis | 2012-07-07 23:32 | おしごと